かき揚げ、菊の花入り

みなさま、こんにちは

For My Angelsの本郷です。

 

先日、福島県に旅行した時に朝ホテルで朝市があって、思わず買ってしまった「菊の花」

お土産のお菓子とかどうしても添加物バリバリ入っているものが多いので、農産物直売所なんかの旬のお野菜の方が見ていて楽しい私です。

 

さっとゆでて、酢の物にして食べるのが一般的な菊の花

でも、一緒に暮らしている三男は絶対に食べてくれないだろうなと思い、一部を次の日のお昼のうどんに添えたかき揚げに入れてみました。

かなりアクが強いとかでない限り、なんでもかき揚げにいれたら子どもたちも喜んで食べてくれるというのが私の持論です(笑)

 

旅行から帰ってきてお買い物に行く暇がなかったので、玉ねぎと菊の花の花弁と再生栽培した豆苗

小麦粉をまぶして、桜エビとかたんぱく源になりそうなものがなかったので、溶き卵でまぜまぜ

ポイントは水分少な目でなんとか表面に硬めの糊がちょっとついているような状態にすること

 

そして、カレースプーンに山盛り一杯ずつくらいを、熱した油の中に入れて両面きつね色になるまで揚げます。

油は科学的に抽出していないような、オリーブオイルとかこめ油とかなんでも良いんですが、揚げ物を揚げるとかなり酸化してしまうそうなので、かなり少なめな油で

 

かき揚げを冷たい麺類のつけだれにつけて、麺と一緒に食べるのが私のお気に入り

食事を手作りしても例えば麺類ゆでてつけ汁につけて食べただけでは、インスタントラーメン食べているのとたいして変わらない。ちょっとは添加物が少ないくらいかな

 

でもそこに野菜のかき揚げをつけるだけで、ボリュームもますし栄養価もグーンとアップ

だって、薬味のネギだけじゃどうしても野菜不足になりますもんね。

 

さて、このシンプルなかき揚げ、うちの三男も菊の花が入っているとは気づかず完食していました。

 

食べる人の好みを考えてお料理方法を工夫したり

これは愛情がないとできる事ではありませんね。

 

大企業が1円でも多くの利益を考えて作る食事よりも、少しでも栄養を取ってもらおうと家族が一生懸命考える食事は同じメニューでも全く栄養価が違うはず

でも、それでいて簡単で忙しい人でも実践していけそうなちょっとしたアイデアをご紹介していけたらうれしいなと思っています。

菊の花はビタミンEが多く疲れ目にもよいらしいので、積極的に食べたいと思っている食材の一つ

袋いっぱい入って100円で売っていた菊の花を、三男と一緒に食べられて旅の楽しかった思い出もシェアできたようでうれしいメニューの一つとなりました。

関連記事