豆料理の達人講座~ひよこ豆

みなさま、こんにちは

For My Angels の本郷です。

少しづつ教室のご報告をブログで丁寧にと思っているのですが、教室の日程は集中していることが多く、かなり旧聞になってしまいます(笑)

東中野で開催している豆料理の達人講座

今回で5回目ひよこ豆の会です。

毎月一つの豆に焦点を当てて、煮方からその豆に合ったお料理を作ります。

豆料理でフルコース

そして、その豆で最初にお味噌も仕込むので、半年コースが終わるころには6種類の豆でできたお味噌がそろいます。

大豆、小豆、金時、虎豆、ひよこ豆、黒豆とあえて同じレシピで違う種類の豆でできたお味噌は豆の味で微妙に出来上がりの味も違うので、本当に面白いです。

先日は単発参加の方のリクエストでキムチも一緒に仕込んだので、できたキムチでサムギョプサルなんかもランチのメニューに加わり、相変わらずのお腹いっぱいランチ(笑)

↑これはゆでたひよこ豆とムング豆やレンズ豆などのミックスビーンズをゆでないでそのまま炊き込んだご飯

味付けは1合に対してお味噌大さじ1杯のみ

ひよこ豆はさすがにゆでないとですが、レンズ豆なんかの小さいお豆はお米にそのまま炊き込んで、大丈夫なのでお豆の栄養を手軽に取りたい方には最高です。

↑この日のメインはひよこ豆の揚げないコロッケ

トマトピューレと醤油麹で作った簡単ソースにひよこ豆で作ったコロッケの中身をつけて周りにミックスナッツを砕いて乾煎りしたものをまぶします

揚げずにカロリーカットと市販のソースでは添加物も気になるので、こだわりの一品です

↑そして、この日うれしかったのはこのフムス

中近東で主食のように食べられているお料理なのですが、ちょうど講座生にモロッコ料理を習っている方がいて、こんなにかわいらしく盛り付けしてくれました。

花びらのようなくぼみはスプーンで簡単に形作られていてそこにオリーブオイルをいれています。

こんなちょっとしたひと手間でインスタ映えする一品に

三人寄ると文殊の知恵ということわざ通り、講座生からも学ぶことが多いです

今回は海外の豆でしたが、小豆だろうが金時だろうが、甘くなく食事になるべく取り入れる工夫をしている豆料理の達人講座

実は日本が兵糧攻めにあっても、豆を各個人が食べる技術を持っていたら、お肉が食べられなくても、ちゃんと栄養不足にならずに健康でいられるだろうという思惑から開講しています。

日本人は豆というとどうしてもあんこや煮豆で甘くして食べがちなので、世界的に見てもそれほど豆を食べている方ではないのです。

輸入がストップして畜産飼料が入ってこなくなったら、お肉が高価になってしまうけど、お豆があるから困らない

そんな豆料理の達人を増やしたいなあと思っているのです。

関連記事