天使の薬飯(ヤクパプ)

コメント

その昔、韓国語を習い始めた時に、北海道で韓国語を教えてくださっていた在日2世の韓国人の先生に教わった「ヤクパプ」
黒砂糖を使った甘いご飯ですが、日本のおはぎのようにたまに甘いご飯というのも良いものです。
その時はナッツやクコの実、クリなどいろいろ入っていましたが、小豆やミックスナッツなど常備して起きやすい材料で作ってみました。
本場のヤクパプとはちょっと違ってしまったかもしれませんがFor My Angels 風の天使の薬飯です。
シナモンの風味もあり、材料はすべて普通のスーパーで手に入るのに、なんだか異国情緒が味わえる一品です。
小さめに丸めて、軽食を差し入れする場面などにピッタリです。

50分

材料

5人分
小豆
大さじ2
もち米
2合
粉末黒砂糖
60g
醗酵ドリンク(なければはちみつで)
30g
醤油麹
50cc
ごま油
大さじ1
塩麴
大さじ1
シナモン
小さじ1
ミックスナッツ
40g
醗酵ドリンクの実
1/4カップ

作り方

50分
  1. 小豆を5分くらい中火で焦がさないように乾煎りしてから2カップの水を加えてから強火にして沸騰したら弱火。柔らかくなるまで20分くらいゆでる


    小豆は煮る前に乾煎りすることでゆでこぼししなくても、渋さを感じにくくなります。
  2. もち米は砥いで水気を切っておく

  3. 醗酵ドリンクの実は適当な大きさ(ナッツと同じくらいの大きさ)に切っておく

  4. 炊飯器にもち米と小豆のゆで汁ごと入れて2合の線に合わせる(足りなければ水を足す)

  5. 残りの材料をすべて入れて普通に炊飯する

  6. 出来上がったらラップなどで小さく丸めるとかわいいです。

お料理一言コラム

お菓子と食事の中間

お菓子を作るというとクッキーやケーキなどの洋菓子を思い浮かべますよね
私もクッキー作ったりすることは大好きなんですが、グルテンフリーもはやっている昨今、お米のお菓子も見直さないとなって思います。
このヤクパプは小豆やナッツ、シナモンなど薬膳で使いそうな素材がたくさん入っていて、甘いとはいえ黒砂糖で甘みをつけているので、体に良いと言えるんではないどでしょうか。
教わった時はお醤油だったのがしょうゆ麹に置き換えたりかなり、Angels風にアレンジしちゃってますが、食べやすいおいしいお菓子になったのではと思っています。
ドライフルーツ代わりに入れる醗酵ドリンクの実が何を使っているかで、味も変わってくると思いますので、いろんな実で何回も作ってもらえたらうれしいです。

最後までお読みいただきありがとうございます!今後もどこのサイトにも、どの本にも載っていない、オリジナルの発酵料理レシピを公開していきます。

LINE公式アカウントでは教室情報や、料理の小技、食材活用術など子どもがいたり、仕事が忙しい主婦の方でも簡単に実践できるアイディアをご紹介しています!

気に入ったら友達にシェアしてね!