うずら豆の餃子

コメント

うちにうずら豆という比較的マニアックなお豆があったので、仕事の合間に煮てました
金時豆みたいに甘い煮豆にして食べることが多いお豆ですが、甘くしちゃうと量が食べられない気がして、一日目はそのまま食べて、二日目にはこんな餃子を作ってみました。
茹でたてのお豆を何もつけずに食べても美味しいんですよ
餃子の中ににんじんも入れたりして栄養価アップ
お肉も入れましたが、お肉はほんのちょっとでボリューム出るから育ち盛りのお子さんにもピッタリですね

40分

材料

2人分
にんにく、しょうが
各ひとかけ
にんじん
1/2本
細ねぎ
1束
茹でたうずら豆
200g
お肉
130g
1個
玉ねぎ麹、醤油麹、塩麴
各大さじ1
こしょう
少々
餃子の皮
1パック
適宜

作り方

40分
  1. 生姜からうずら豆までの材料をフードプロセッサーにかけるか刻む


    うずら豆はフードプロセッサーがなければ、フォークなどでつぶしてくださいね
  2. こしょうまでの材料をすべてボールに入れて手でよく混ぜる

  3. 普通の餃子の要領で皮の端に水をつけて包んでいく

  4. フライパンを熱して油を入れ餃子を並べる。下にうっすら色がついたら熱湯100ccをいれて蓋をする

  5. 10分くらい経ってお湯がほとんど蒸発したらフライパンの蓋に滑らせてのせてひっくり返す
    軽く色がつくまで焼く

お料理一言コラム

やみ餃子のように・・・

水餃子は皮から作ったりしますが、こんな焼き餃子はやっぱり皮が薄い方がたくさん食べられて良いですよね。
餃子にするとちょっとくらい基本の材料から外れても結構おいしい気がして、いろいろ冒険しています。
やみ鍋ならぬ、やみ餃子のように
だしを取った後の昆布が入っていたり、かなり冒険してますが、久々にちゃんと書き留めておこうと思った今回のうずら豆の餃子
うずら豆に限らず、大豆でも、金時豆でもどの豆使っても美味しいと思います。
ゆでるのが面倒なら、水煮パックを使っても良いですね
食卓にお豆を!

最後までお読みいただきありがとうございます!今後もどこのサイトにも、どの本にも載っていない、オリジナルの発酵料理レシピを公開していきます。

LINE公式アカウントでは教室情報や、料理の小技、食材活用術など子どもがいたり、仕事が忙しい主婦の方でも簡単に実践できるアイディアをご紹介しています!

気に入ったら友達にシェアしてね!